eブックランドストア AmazonPOD出版のショールームです。

会社概要

会社案内
名称 電子出版社 eブックランド
代表取締役社長 横山三四郎
住所 〒168-0082 東京都杉並区久我山4-3-2
電話 03-5930-5663(平日 9:00~20:00)
FAX 03-3333-1384
事業内容 インターネットによる情報提供サービス、出版業、その他事業

設立の趣旨

もっと自由に 書いて 輝きましょう 横山三四郎

最近、わたくしが書いたものに『ブック革命』(日経BP社)という本があります。携帯電話で小説が読めるようになるなど、2003年ごろから爆発的に普及して社会現象にまでなってきた電子書籍について取材して、その未来について考察したものです。
 そのとき試みに単行本の販売に先駆けて、6章の『ブック革命』を1週間毎に1章づつ、100円で電子書籍としてバラ売りしてみました。すると驚いたことに、第1章からそれまで上位にいた常連の『バカの壁』などを蹴散らしてベストセラーのトップに踊り出たのです。2章は2位でしたが、3章からは1位を奪還して、そのまま6章までベストセラーのトップを走りました。
 電子書籍というものは実にすばらしいと思いました。伝えたいと思うことは紙の本と同じように伝えることができる。誤りがあればその場で手直しすることができるし、売れ行きも毎週わかる。手ごたえが感じられました。  本邦初の自力・自費出版ポータルサイト、eブックランドの設立はこの経験がきっかけになりました。電子書籍にはすばらしい利点があり、大きな可能性がある。これを実現してみたいと考えたのです。
 電子書籍は、紙の本のほとんど10分の1以下の費用でサイトアップすることができます。パソコンが普及し、専用のリーダーも販売されるようになって多くの人に観たり、読んだりしてもらえます。電子書籍にしておけば、いつでも紙の単行本にでき、ネット書店で販売することさえもできるのです。
 世の中を駆けめぐる情報量はインターネット時代になって、莫大なものになっています。新しいツールを手にした人々の表現と発表の意欲は高まる一方です。その欲求に出版業界は対応しきれなくなっている。それが昨今の自費出版ブームの背景だと思われます。
 電子書籍が地球環境にやさしいことも見逃せません。日本には2004年、大型台風の記録的な襲来がありましたが、その原因は熱帯雨林が失われたりしたことによる地球の温暖化だといわれます。電子書籍はパルプを使わないので大切な緑を破壊しません。いまや本が売れたといって喜んでばかりもいられない時代なのです。
 こうした時代の要請に応えるために、eブックランドは誕生しました。
 電子出版の費用は格安ですから、これまで出版とは縁遠いと思っていた方々にも、自分の考えていることや業績を多くの人に伝える醍醐味を味わっていただくことができます。新しい発表のステージ、eブックランドでもっともっと自由に、書いて輝いていただきたいと思います。

↑ PAGE TOP